2018年発売予定のヒュンダイFEフューエル・セル・コンセプトをジュネーブで発表

公開 : 2017.03.08 20:07  更新 : 2021.02.20 18:32

第4世代の燃料電池技術を投入したフューエル・セル・モデル、ヒュンダイFEフューエル・セル・コンセプトが発表された。来年、2018年の発売を計画している。

iX35フューエル・セルよりも性能アップ

このヒュンダイFEフューエル・セル・コンセプトは、来年にそのプロダクション・モデルが公開され、販売が開始されるモデルだ。

第4世代の燃料電池技術が採用されており、ヒュンダイiX35フューエル・セルよりも20%軽量で10%効率的なのが特徴。また、電力の密度も30%高められており、800kmの航続距離を持つ。

そのSUVルックは、自然と水からインスピレーションされたものだという。エアロダイナミクスに優れる滑らかなボディは、スリムなアッパー・セクションを持つ。

キャビンは、ステアリングの背後から左右に伸びるワイドスクリーンがあり、パワートレインとルートの情報が表示される。また、センターコンソールにもタッチ・スクリーンがあり、リアにもタッチ・パッドが装備される。

ヒュンダイは、2020年までに14台のロー・エミッション・モデルをリリースする予定で、このFEフューエル・セルもその1台に含まれる。

▶ 2017 ジュネーブ・モーターショー

関連テーマ