ジェンソン・バトン F1モナコGPにスポット参戦 インディ500出場のアロンソ代役

公開 : 2017.04.14 18:33  更新 : 2017.06.01 00:23

インディ500へ緊急参戦を発表したアロンソ。同日開催のF1モナコGPに出場するのは、やっぱりこのドライバーでした。

モナコGPは、バトン、バンドーン体制

マクラーレン・ホンダは、F1第6戦モナコGPを欠場するフェルナンド・アロンソの代役として、ジェンソン・バトンの起用を決定した。

バトンは、アロンソのインディアナポリス500マイル・レース出場に伴い、同日開催となるF1モナコGPにスポット参戦する。これにより、5月28日に決勝日を迎えるモナコGPは、ストフェル・バンドーンとバトンの2名体制の参戦となる。

ジェンソン・バトンのコメント

ジェンソン・バトンは、「再びF1でレースができ、また、そのステージが私にとって慣れ親しんだモナコGPですから、これ以上の舞台はないと思っています。モナコでは2009年に優勝していますし、私の大好きなサーキットの一つです。ここは、ドライバーのテクニック次第で大きな差がつく難しいコースだと思います。MCL32の今シーズン序盤は難しいスタートになっていますが、これまでフェルナンドとストフェルがドライブしてきたサーキットよりも、モナコはこのマシンに合っています」

「2009年の再現のようなレースは難しいかもしれませんが、それでもポイントを獲得するチャンスは十分にあると考えていますし、そうなれば、チームにとって大きな意味があると思います」とコメントしている。