キア・ソレントKX-2

公開 : 2013.01.10 13:57  更新 : 2021.03.05 21:39

■どんなクルマ?

そのデビューから3年を経てミドルライフのフィエスリフトを受けたキア・ソレントKX-2だが、そのフェイスリフトはかなり大掛かりで、新しいプラットフォームを採用したのだ。ちょっと見は、全高がフェイスリフト前と10mmほど低くなり、ノーズとテールゲートのデザインが変わったぐらいだ。

しかし、フロント、リア・サスペンション共に一新され、前モデルよりも18%高い捻り剛性を得るようになった。

このソレントKX-2は、ヒュンダイ・サンタフェとメカニカル部分を共用する。2WDで5シーターのみのボディ・バリエーションを展開だが、インテリアの材質をアップグレードしたことによって、ソレントやより小さなスポルテージとの間に違いを出している。

■どんな感じ?

アクセルを踏み出さない限り、それが前モデルから大きく変わったことはきずかないだろう。しかし、内部はわずかながら大きくなっている。新しいサスペンション・デザインによって、リアのトランク・スペースは大きくなった。長さ4.7mのSUVといては標準的なサイズになったのだ。

ドライブ・フィーリングは総じて良い。しかし、そこには何のときめきもないし、それを期待してはいけない類のクルマである。乗り心地も総体的には良好だが、プアな路面では若干の突き上げを感じる。風切り音は、ドラッグ係数が0.38から0.34にまで軽減された新しいデザインのため、大部分は許容範囲だ。

194bhpの2.2リッター・ディーゼルは、一端暖まってしまえば、その雑音も消え、必要なパワーをもたらしてくれる。パワー・ステアリングのサポートも正確で軽い。

リラックスできイージーなドライブ・フィールだが、コーナーでのロールはやや大きい気がした。

■「買い」か?

このソレントを買おうとする人は、その7年保証に惹かれるはずだ。ユーザーのほとんどは、一般ユーザーであるのだから、これは当然なことかもしれない。

(マット・プライヤー)

キア・ソレントKX-2

価格 29,995ポンド(423万円)
最高速度 190km/h
0-100km/h加速 9.4秒
燃費 17.0km/l
CO2排出量 155g/km
乾燥重量 1999kg
エンジン 直列4気筒2199ccターボ・ディーゼル
最高出力 194bhp/3800rpm
最大トルク 43.0kg-m/1800rpm-2500rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事