TVR新クーペ 「計画通り」9月発表へ ウェールズ政府「サーキット建設問題」影響なし

公開 : 2017.07.20 07:40  更新 : 2021.02.17 17:44

新生TVRのスーパークーペ(最高速320km/h)が、9月にパブリックデビューします。気になるのは、ウェールズ政府の新サーキット問題。TVRへの影響は?

TVR工場予定地 呼び物のサーキット・オブ・ウェールズ、大丈夫?

1カ月前に、ウェールズ政府が支援資金の積み立てを見合わせたことで問題になっているサーキット・オブ・ウェールズ。その新サーキットの周辺地域は、アストン マーティンの新プラントが開設されるなど注目を浴びていた。


新生TVRも、やはりサーキット・オブ・ウェールズの近隣に新工場を計画しているメーカーだ。現在の状況に関して、同社チェアマンのレス・エドガーは、

「TVRの新型スーパークーペの開発は、計画通り進んでいますよ」

とAUTOCARの取材に対して答えてくれた。2018年初頭に予定通りサーキット予定地のそばにファクトリーをオープンするという。

関連テーマ

人気テーマ