Cクラス、装備・機能を一部改良 「ローレウスエディション」追加

2017.07.25

メルセデス・ベンツCクラスが、一部改良を受けました。あわせて「ローレウスエディション」という特別仕様車を発表しています。


メルセデス・ベンツは、Cクラス(セダン/ステーションワゴン)に特別仕様車「ローレウスエディション」を追加した。

あわせてCクラス(セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ)の装備を一部変更するとともに、車両価格を改定し、発売した。


今回ラインナップに追加する特別仕様車「C180ローレウスエディション」と「C220dローレウスエディション」は、セダンおよびステーションワゴンに設定するもので、

・エクステリアとインテリアにAMGライン装備
・オプション設定の前席シートヒーター
・縦列および並列駐車をサポートするパーキングパイロット
・スポーツサスペンション(C180)
・AIRMATICアジリティパッケージ(C220d)
・パノラミックスライディングルーフ(ステーションワゴンのみ)

などを標準装備した。

また、センターコンソールには「Laureus」のロゴがデザインされたバッジが装着される。

ローレウス財団について

なおローレウス(Laureus)とは、2000年にリシュモン社とダイムラー社が共同で設立した財団で、スポーツの力を通して社会貢献を行い、子供たちに希望と前向きな姿勢を与える活動を続けている。

関連テーマ

 
最新国内ニュース