ポルシェ・パナメーラは4月の上海でフェイスリフト発表

公開 : 2013.01.18 10:33  更新 : 2017.06.01 01:45

フェイスリフトが予定されているポルシェ・パナメーラのウィンター・テストの様子を捉えたショットがこれだ。現在、ポルシェはそのモデルラインナップの中でもよく売れているパナメーラの、ミッドライフのフェイスリフトに向けて最後の調整中なのだ。

その大きな変化は、ヘッドランプまわりと、修正されたフロント・バンパー、そして論争の的となった”テール・リフト”にある。また、この写真からは、リア・ランプ・クラスターもリデザインされていることが解る。

また、リア・バンパーは、エグゾーストを避けるように切り欠きが入れられ、左右に凹みが見られる。

この新しいパナメーラは4月の上海モーターショーで公開されることになる。現在、このハッチバックは、ポルシェのセールスの50%を占めるカイエンに次ぐ売上げを占めているモデルである。ちなみに、カイエンは、ライプツィヒ工場を3シフト制にしないと生産が追いつかないまでになっている。

関連テーマ