BMW 1シリーズGTのウィンター・テスト

公開 : 2013.01.18 10:50  更新 : 2017.06.01 01:45

BMW 1シリーズGTの最新のウィンター・テストのショットだ。これは12ヶ月続いた一連の開発テストの最終段階となるもの。

1シリーズGTは、2014年に英国のショールームに登場すると予想されている。

最初のテスト車輛が2012年に、ミュンヘン周辺で見られた時から、BMWはこの1シリーズGTを再設計している。グラスハウスは新しくなり、三角窓が採用され、リアに向かって上昇するウエスト・ラインが与えられた。これは昨年9月のパリ・モーターショーで発表されたアクティブ・ハイブリッド・ツアラー・コンセプトのイメージから強く影響されたものだ。

1シリーズGTは、BMWの初のFWDモデルとなる。メルセデス・ベンツBクラスのライバルとなるモデルだが、Bクラスよりは僅かに小さく、ホイールベースも短い。エンジンはAUTOCARでもテストした1.5ℓの3気筒エンジンが搭載される。このエンジンは、来年発表される新しいミニに最初に搭載されるほか、i8スポーツカーにも搭載されるものだ。

関連テーマ