プジョー・インスティンクト・コンセプト試乗 自動運転の未来を予告

公開 : 2017.09.02 23:20

自動運転の未来を予告するプジョーのコンセプトカー「インスティンクト」を少しだけ試しました。今後の製品車のヒントが隠されていました。

もくじ

スタイル 今後の市販車を示唆
内装 快適性とはほど遠く
室内の構成 上下3要素に分かれる

スタイル 今後の市販車を示唆

このインスティンクト・コンセプトが、市販化されることはまずない。最後まで読んでから、がっかりさせないためにも、先にお伝えしておこう。

なお、自動運転の未来を予告するコンセプトではあるけれど、EV走行くらいしか試せていないことも先にお伝えしておこう。

ただ、実際にこのコンセプトに触れることで、少なくとも視覚的にどういったものをプジョーが目指しているのかがわかった。以下で触れていきたい。

さて、このインスティンクト、オクシアやフラクタル、オニキスといった、長年にわたって続いてきたプジョーのコンセプトカーの系譜に連なるものだ。いずれも市販化されていない。

ただし、スタイリングのモチーフやインテリアのディテール、フィロソフィーといった抽象的な要素は、市販車に反映されることになるかもしれない。

インスティンクトは、自動車の興奮を、完全自動運転化との最終決戦から救う手立てを示してくれるクルマだ。

そう、インスティンクトにはソフトとシャープと銘打った走行モードが設定され、そのほかにダウンロードできる自動運転モードも複数用意。

たとえば、セバスチャン・ローブの走りをシミュレートした運転などということも体験できる。

宇宙船を思わせるステアリングホイールは、運転を楽しめるモードを選ぶとドライバー側へせり出してくる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事