特別試乗 アバルト124ラリー 公道走れぬ2265万円、高い? 安い?

公開 : 2017.09.18 15:40

アバルト本社の訪問記はお楽しみいただけましたか? じつはこの訪問時、アバルト124ラリーを試すチャンスもあったのです。2265万円は、高いのでしょうか?

もくじ

124ラリー 初の試乗テスト
中身はまったくの別物
いざ、走らせてみると…
2265万円 高い? 安い?

124ラリー 初の試乗テスト

宙に浮いた2本のタイヤに怖気づいてしまう。確実なハンドブレーキ捌きで、きつい左コーナーをターンしていく。

いま目の当たりにしているのは、バロッコにあるフィアット社の開発施設に設けられてたスペシャルステージを飛ばすアバルト124ラリーで、それを幾度となくジャンプさせているのは、テストドライバーであり、世界ラリー選手権(WRC)に参戦してきたアレックス・フィオリオだ。

この興奮する体験を純粋に楽しめない理由は、このバロッコのスペシャルステージで短い時間ながら、わたしが部外者初のドライバーとなるからだ。

この複雑に曲がりくねったターマックセクションを頭の中で追いかける。ステアリング操作やブレーキングをしながら、ふたつの車輪が宙に浮くことが全く想像できないでいた。

そしてこのクルマは、アバルト124ラリーの最初のプロトタイプだ。「このクルマが大好きです。初めての子だからね」と技術開発チーフのマウリチオ・コンサルヴォが言う。

なんてことだ。

脈が速くなるもうひとつの理由は124ラリーのメカニカルな部分にあり、このクルマは標準仕様とは全く異なる。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事