マツダ・プレマシーをマイナーチェンジ

2013.01.24

マツダはプレマシーにマイナーチェンジを施し、1月24日より販売を開始した。

今回のマイナーチェンジでは、SKYACTIV-G 2.0と6速オートマチックトランスミッション、SKYACTIV-DRIVEという2つのSKYACTIV技術を2WD車の主力機種に搭載し、16.2km/ℓの低燃費を実現した。

また、デザインでは、新設定の最上級モデル、20S-SKYACTIV Lパッケージに、ハーフレザーシートやピアノブラックで加飾したセンターパネル、高輝度塗装を施した17インチアルミホイールなどを装備している。更に、SKYACTIV技術搭載モデルには、TFTカラー液晶を採用したSKYACTIV専用メーターを設定している。

この他、20S-SKYACTIV、20S-SKYACTIV Lパッケージに、自動防眩ルームミラー、クルーズコントロール、ステアリングシフトスイッチ、6スピーカーをセットにした「クルージングパッケージ」をメーカーセットオプションとして、新たに設定。ラゲッジルーム床下のアンダートランクの深さを従来の50mmから200mmへ変更し、容量を拡大している。

価格は1,799,000円〜2,352,000円。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事