レクサスHS250hをマイナーチェンジ

2013.01.24

レクサスは、HS250hをマイナーチェンジし、1月24日から発売を開始した。。

“プレミアムセダンの新種”として2009年に誕生したHS250hは、今回の改良で、LEXUSのデザインアイコンである「スピンドルグリル」を導入するとともに、ボディ剛性の強化などにより、乗り心地や静粛性を向上させた「上質な走り」を実現。ハイブリッドプレミアムセダンの先駆者として、「Harmonious Sedanの更なる進化」をテーマに、環境性能と快適性に磨きをかけた。

今回のマイナーチェンジでは、まずエクステリアでは、スピンドルグリルや、L字型デザインのLEDフォグランプを採用するなど、フロントのデザインを一新。また、車高を10mm下げることによりより低重心なスタイリングとしている。

インテリアでは、内装色にエクリュ、ブラック&ガーネットなどを新たに採用。オーナメントパネルには、天然素材バンブーや縞杢(しまもく)を設定している。

メカニズムでは、吸遮音材の追加や材質変更などが行われ、静粛性を向上。さらに、スポット溶接打点の追加によりボディ剛性を強化するとともに、車体の前後にパフォーマンスダンパーを採用することで、操縦性・走行安定性を向上させている。

また、ドライブモードセレクトにSPORT MODEを設定。電動パワーステアリングの特性変更もされる。

エンジンは、ハイブリッドシステムの制御の見直しや充電効率の改良などにより燃費を向上させ、20.6km/ℓとなった。

価格は、4,100,000円から5,520,000円まで。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事