イケヤ、究極のロードゴーイングスポーツカー「IF-02RDS」を展示

公開 : 2017.10.25 18:12  更新 : 2017.10.26 11:50

でました! 日本のメーカーです。笹本編集長も「今回の東京モーターショーベストだ」とコメント。中身はいったい何者なのでしょうか?

イケヤ「究極のロードゴーイングスポーツカー」

・全長×全幅×全高:4660×1975×1080mm
・ホイールベース:2750mm
・車両重量:1150kg
・エンジン:直列4気筒1998ccターボ
・トランスミッション:5速
・サスペンション:ダブルウィッシュボーン(前後)
・タイヤ:275/30ZR19(前)/335/30ZR20(後)
・ステアリング:ラック&ピニオン
・ブレーキ:APレーシング対向ピストン/ベンチレーテッドディスク

同社は「知恵と技術を集めて『ドライビングというスポーツ』のためのクルマを生みだし、『操る』ことを愛するひとびととともに育てていく。その夢の第一歩が、今、はじまりました」とカタログ上でコメントしている。

なお、AUTOCAR JAPAN上でこの記事をご覧になっている方は、記事下の「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアでこの記事をご覧の方は、記事下に設けられたリンク「『イケヤIF-02RDS』すべての画像を見る」から、ほかの画像をお楽しみいただける。