マツダ、タイに新トランスミッション工場建設を決定

2013.01.30

マツダは、SKYACTIVテクノロジー搭載車の需要増に対応し、同時にグローバル生産体制をより強固なものにするために、タイ王国チョンブリ県に年間生産能力40万基規模のトランスミッション工場を建設し、2015年度上半期より生産することを決定した。総投資額は約260億円となる見込みという。

新しいトランスミッション工場はタイにおけるマツダの合弁生産拠点オートアライアンス(タイランド)の北、約5kmに位置し、オートアライアンス(タイランド)を始め、マツダ車のグローバルな生産拠点に向けたSKYACTIV車用のオートマティックトランスミッション、SKYACTIV-DRIVEを生産する計画です

マツダの山内孝代表取締役会長社長兼CEOは「マツダは2016年3月期にグローバル販売台数を約170万台まで引き上げることを目指しており、この目標を達成するために『グローバル生産体制の再構築』を進めています。トランスミッションの生産にあたっては、引き続き、防府の中関工場を主力工場と位置づけていきますが、マツダ第2のトランスミッション工場をタイ王国チョンブリ県に設立することを決定しました。これにより、需要が急速に拡大しているSKYACTIV車の生産に対応し、世界各地のお客様のご要望にフレキシブルかつタイムリーに対応できる体制を構築していきます。新工場の建設にあたっては、オートアライアンス(タイランド)での経験を生かしてタイ王国の人々と力をあわせてこの新事業を成功させていきます」とコメントしている。

なお、資本は100%マツダで、従業員数は約500人を予定している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事