フレンチブルーミーティング2017 写真60枚レポート

2017.10.28-29

仏車オーナーには待望のイベント、「フレンチブルーミーティング」が今年も車山高原で開催。生憎の天気ながら秋の高原は2日限りのフランスに変貌していました。

text & photo:Kentaro Nakagomi(中込健太郎)

フランス車が日本全国から集う2日間

今回で31回目となるフランス車の祭典フレンチブルーミーティング(FBM)。今年も10月28日29日の2日間、長野県の車山高原で開催された。すっかり秋の風物詩となったこのイベント。今年はあいにく、台風22号の最接近とイベントの日程がぴったりと重なってしまい、28日、29日ともかなり強い雨に見舞われるなかでのフレンチブルーミーティングとなった。


それでも新旧のフランス車が日本全国から集う2日間。雨模様で時折濃い霧のかかる車山高原には、愛車とともに、仲間との再会を楽しみにするフランス車愛好家の笑顔であふれる2日間となった。


1日目の28日(土)はいわば前夜祭。「車山パリ祭」と銘打っての毎年恒例のライブありフレンチシネマ・フェスタありの「フレンチな文化祭」が繰り広げられる。そしてフランス車仲間と食事をともにし、夜遅くまで時間を気にせず交流を深めることもできる、ゆったりとした時間を楽しめる。この前夜祭が一番の楽しみだという人も少なくない。


そしてメインは2日目となる29日(日)。前夜から車山高原に泊りがけで参加した人たちに加え、夜明け前に自宅を出発し車山を目指すフランス車オーナーたちが、早朝からビーナスラインを車山に向けて上がってくる光景が見られた。しかしながら冒頭で記した通り、今年はあいにくの天候に見舞われた車山高原。そのため昼前には会場を後にし帰途につく参加者も多く見られた。プログラムを前倒しして、大ビンゴ大会も時間を繰り上げての開催。それでも雨のなか多くの参加者達が傘を片手に秋のフランス車一色のひと時を楽しんでいた。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事