718ケイマン「GTS」と「S」の差別化むずかしく よさ「GTS」ゆえにあらず 試乗記

公開 : 2017.12.21 11:10  更新 : 2017.12.21 14:27

ポルシェ718ケイマンGTSの試乗記です。AUTOCARはまず「音」を指摘。そのうえ「ケイマンS」と「GTS」の差別化も曖昧だといいます。試乗記です。

もくじ

どんなクルマ?
718ケイマンGTS 「教科書どおり」

どんな感じ?
「S」と「GTS」 違いがわかりづらい
ハンドリングは最高レベル しかし音が…

「買い」か?
完ぺきだが「GTSゆえ」にあらず

スペック
ポルシェ718ケイマンGTSのスペック

どんなクルマ?

718ケイマンGTS 「教科書どおり」

今となっては、ポルシェのGTSモデルがどのようなクルマかは、AUTOCARの皆様ならば十分承知だと思う。人気のオプションを標準で装備させ、パワーを少し上げて、オプションを個別で選択した時よりも、少し安い価格で提供する。オシャレな新型ホイールやブラック・アウトされたディテールも忘れてはいけない。

そこに驚きはないが、既にポテンシャルの高いクルマに追加でダイナミズムとパフォーマンスを与えるGTSモデルは、どれも成功を収めている。

ターボで過給されるこのケイマンは、新しいタービンとインテーク・システムを得て、15psのパワーアップを図り、366psのパワーと43.8kg-mのトルクを誇る。

ほかにも、スポーツ・クロノ・パッケージ、機械式LSD、PASM(ポルシェのアダプティブ・ダンピング・システム)を標準で備え、さらに、20インチ・ホイールに、エクステリアに施されたブラックのアクセント、アルカンターラでフィニッシュされたインテリアなども備える。

このケイマンGTSは教科書通りの仕上がりであるが、過去の経緯だけを頼りに、手放しでお勧めというわけでもない。そうAUTOCARが思う理由を以下で説明したい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事