次世代のオペル-ヴォグゾール・コルサのテスト

公開 : 2013.02.13 11:22  更新 : 2017.06.01 01:46

次世代のオペル-ヴォグゾール・コルサは、2年後の発表を目指してテストが開始されている。一見したところ、そのテスト車輛は現行モデルのように見えるが、そのプラットフォームは完全に新しいものと思われる。というのも、サイズがボディに合っていないからだ。

第5世代となるコルサは、GMのプラットフォームが使用される予定で、PSプジョー・シトロエンとの間で開発されているプラットフォームは使用しない予定だ。

このプラットフォームは、オペル-ヴォグゾール・モッカ用として開発されているもので、それが使われる見込みが大きいのだ。

エンジンは、ターボチャージャーを装備した1.0ℓと1.4ℓのガソリン・エンジンと、1.6ℓのディーゼルが搭載される。当初その発表は、秋のフランクフルト・モーターショーの予定だったが、来年のパリ・モーターショーにずれ込みそうだ。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事