スコダ・オクタビア・エステート

公開 : 2013.02.20 12:17  更新 : 2017.06.01 01:47

ジュネーブ・モーターショーで発表されるスコダ・オクタビア・エステートの公式写真だ。

その荷室容量は最大1740ℓ、リア・シートを起こした状態でも610ℓの容量があるという。ホイールベースは、ハッチバックよりも110mm長く、そのうち73mmはリアのパッセンジャーのために使われる。また、現行のオクタビア・エステートと比較すると90mm長く、45mm広い。

エンジンは、ハッチバックから流用され、ハイ・パフォーマンス・モデル、vRSは夏以降の販売となる。

スコダは、ジュネーブ・モーターショーで、新しいオクタビア4×4も公開する予定。こちらはハルデックス・クラッチを特徴とする4WDモデルで、エンジンは2.0TDIのみとなる。

関連テーマ

人気テーマ