スズキ、ガソリン車No.1低燃費を達成したアルト・エコを発売

2013.02.20

スズキは、アルト・エコに低燃費化技術を採用し、3月4日より発売を開始する。

2WD車はガソリン車No.1の低燃費33.0kmℓ、新たに設定した4WD車は30.4km/L※2を達成し、3月4日より発売する。

アルト・エコは、エネルギー回生機構、エネチャージや、さらに効率的に進化した新アイドリングストップシステムの採用により燃料消費を抑え、車両重量も2WD車比で20kg軽量化したほか、エンジン・CVTのさらなる高効率化、空気抵抗などの走行抵抗を低減する技術を投入し、2WD車はガソリン車No.1の低燃費33.0kmℓを達成した。

また、今回新たに4WD車を設定した。

同時に、アルト・エコは今回の一部改良に合わせて、内外装ともに専用のデザインを採用。外装は専用デザインのフロントグリルをはじめ、シルバーのアクセントを随所に配したほか、内装にはライトグレーとブラウンを基調し、標準車との差別化を図った。さらに燃費の向上に加え、電波式キーレスエントリーやリヤシートヘッドレスト(ECO-S)の採用などが行われている。

また、アルトのその他機種についても、軽量化や改良型CVTの採用によりCVT車の燃費を向上している。

価格は、アルト・エコが900,000円から1,100,000円。アルトが808,500円から1,029,000円。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース