ケンウッド ハイレゾ対応カーオーディオ新モデル XH401-4/KSC-SW30

2018.03.20

ケンウッドが、市販向けカーオーディオの2018年新モデルを発表。ハイレゾ音源に対応するDクラス4チャンネルパワーアンプ「XH401-4」と、「Class D」アンプを搭載したチューンナップサブウーファー「KSC-SW30」の2モデルです。

Dクラス4チャンネルパワーアンプ/チューンアップサブウーファー新製品

業界に先駆けてハイレゾ音源対応の彩速ナビ/カースピーカーを発売したケンウッド。

今回さらに、ハイレゾ音源に対応したDクラス4チャンネルパワーアンプ「XH401-4」と、「Class D」アンプ搭載のチューンナップサブウーファー「KSC-SW30」を発売した。

「XH401-4」:内部パーツを厳選したハイレゾ音源対応モデル。臨場感ある迫力のサウンドを実現。「KSC-SW30」:コンパクト設計ながら、最大出力250Wの迫力ある重低音を楽しめる。


ハイレゾ音源の再生に対応した彩速ナビ(タイプZ、タイプM)、スピーカーシステム(KFC-XS、KFC-USシリーズ)を組み合わせてシステムアップすることで、車室内で臨場感あふれる音場空間を楽しめるのは、ケンウッドのファンには嬉しいところだ。

「XH401-4」 主な特長

1.ハイレゾ再生対応 「Class D」4チャンネルアンプ
2.クリアで迫力あるサウンド Bi-AMP接続対応
3.コンパクトカーにも設置 高さ35mmの薄型設計
4.入出力部をフラット化 美しく使いやすいパネルデザイン
5.ヘッドユニット交換不可車種に対応 「スピーカーレベル・インプット」「シグナルセンシングターンオン」機能

「KSC-SW30」 主な特長

1.「Class D」アンプ搭載、最大出力250W 迫力ある重低音
2.筐体振動を安定 高剛性アルミダイキャストボディ
3.高さ75mmのコンパクト設計 シート下にも設置可能
4.バリアブルローパスフィルター、フェイズ切り替え、ボリュームコントロールを片手操作できるワイヤードリモコン

いずれも発売時期は4月中旬で、希望小売価格は下記の通り。

Dクラス4チャンネルパワーアンプ「XH401-4」:4万5000円
チューンアップサブウーファー「KSC-SW30」:2万9000円

 
最新国内ニュース

人気記事