ケンウッド彩速ナビ「タイプD」 全9モデル発売へ 逆走警告/連携ドラレコ

2018.03.20

ケンウッドの彩速ナビは、自動車販売/カーリース/レンタカー業界でも好評なのをご存知ですか? そうした特定販路向けの新モデル「タイプD」が発売されます。新型の特徴は「逆走警告」と「ドラレコ連携」。


ケンウッドは、特定販路向け彩速ナビ「タイプD」の9モデルを発表した。

・MDV-D505BTW/D505BT
・MDV-D405BTW/D405BT
・MDV-D305BT/D305W/D305
・MDV-D205BT/D205

の計9モデルで2018年4月中旬より順次発売する。


本機は、自動車販売業界やレンタル車両への装着を中心とした、特定販路向け彩速ナビゲーション「タイプD」シリーズの2018年モデル。

新型は、全モデルで、高速道路「逆走警告」案内機能を搭載。さらに、
・同社製のナビ連携型ドライブレコーダー「DRV-N530」
・同社製リアビューカメラ「CMOS-320/230/230W」
・高度化光ビーコン対応ETC2.0車載器「ETC-N7000」
との連携にも対応し、安心・安全運転をサポートする機能の装備を可能にしている。


また、「MDV-D505BTW/D505BT」「MDV-D405BTW/D405BT」「MDV-D305BT」「MDV-D205BT」の6モデルにはBluetooth®を搭載し、ハンズフリー通話やワイヤレス音楽再生に対応。上位モデルの「MDV-D505BTW/D505BT」には、高画質映像を楽しめる「光沢パネル」や同社独自の高音質化技術である「K2 TECHNOLOGY」、さらには高精度な自車位置測位を可能にする「高測3Dジャイロ」を搭載した。

価格はオープン。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事