フェラーリ275GTB、427コブラ バーンファインド車が出品

公開 : 2018.03.26 10:40  更新 : 2020.12.08 18:14

「フェラーリ275GTB」と「シェルビー427コブラ」のバーンファインド車が出品。アメリアアイランドで開かれた3つのオークションで最も盛況だったグッディングのレポートです。なんと、どちらも同じオーナーが所有していたとか。

text: Kazuhide Ueno(上野和秀) photo: GOODING COMPANY / Mathieu Heurtault

超大物のバーンファインド車

先ごろ開かれたアメリアアイランドでは、最近のはやりといえるバーンファインド車が埃もそのままに4台が用意された。その中で注目したいのがオークションでスーパースターといえるフェラーリ275GTBロングノーズ・アロイとシェルビー427コブラだ。どちらもガレージで長らく寝ていたガレージ・ファインドで、なんと同じオーナーが所有していたのである。

フェラーリ275GTB レアなロングノーズ・アロイボディ

フェラーリ275GTBは80台のみが作られたロングノーズでアロイボディを備えるタイプ。1982年に現オーナーが入手するが、その後乗らなくなり27年間ガレージで寝てしまう。しかし当時の姿のまま眠りに入っていたため、内外装ともオリジナルを良く保っていたことに加え、メーター読みで13207kmと低走行だったこともあり最終的にノーマル275GTBの相場を越える驚きの2億7071万円まで値を上げた。

オリジナル・コンディション シェルビー427コブラ

もう1台のシェルビー427コブラは、フェラーリ275GTBと同じガレージでその横で27年間寝ていたもの。こちらはオリジナル・ペイント、インテリアをそのまま保ち、エンジンもオリジナルという、まさにタイムカプセルから取り出したようなコンディションだった。これだけオリジナルを保った “未レストア” のコブラに出会うことができないため、アベレージ・コンディションの427コブラと変わらぬ1億1182万円で落札された。

このオークションではこのほかに人気絶頂の1957年ポルシェ356A 1500GSカレラのバーンファインドは5415万円で落札され、同一家族が62年間所有し1976年から眠りについていた1953年ポルシェ356スーパー・バーンファインドは942万円まで値を上げている。

欧米ではまだまだ倉庫やガレージにアイテム車が眠っており、ブローカーやオークションハウスが熱心に探索を続けていて、近年のバーンファインド車の値上がりからより一層熱が入っているようだ。このことからも当時からフェラーリやコブラが当たり前に存在していたアメリカのクルマ文化の深さが感じられよう。それだけにこれからもバーンファインド車が続々と姿を現すに違いない。