625psのBMW M5コンペティション メルセデス-AMG E63 Sを視野に

公開 : 2018.05.09 17:40

新型BMW M5に「コンペティション」がくわわりました。ライバルはメルセデス-AMG E63 S。標準のM5より25ps増の625psを発揮し、シャシーが見直されています。Mスポーツ・エグゾーストシステムなども標準装備。内外装もわずかですが、コンペティション専用になります。

もくじ

標準のM5より25ps増
装備や外装、どう違う?

標準のM5より25ps増

全輪駆動を備えた新型M5の高性能バージョンは、ライバルよりも早く市場にお目見えするらしい。発売は今年9月を予定している。

新型BMW M5コンペティションは、M5よりも25ps増の625psを発揮し、最大のライバルであるメルセデス-AMG E63 Sを超えるスプリント力を持つ。

0-100km/hは3.3秒で、これは標準のM5やE63 Sよりも0.1秒速い。0-200km/hは10.8秒で、M5に比べ0.3秒短縮されている。

76.3kg-mの最大トルクを1800rpmから発生させる点はM5と同様だが、上のレンジは200rpm広がり、5800rpmまで最大トルクが続く。

BMWによれば、「M5コンペティションはよりダイレクトなレスポンスと専用のシャシーを得て、レースからインスピレーションを受けたドライビング・エクスペリエンスを追求すべくチューニングされている」とのことだ。

パワーは、M5と同じ8速Mステップトロニックと、xDriveと呼ばれる4輪駆動システムを通して4輪に伝えられる。リアアクスルにはトラクションを確保するためにアクティブMディファレンシャルが搭載され、後輪よりにパワーを分配する。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事