VW ザ・ビートル、来年販売終了 限定500台「エクスクルーシブ」 333万円 

2018.05.29

2019年に販売終了となるVW ザ・ビートル。支持してくれたファンへの感謝の気持ちを込めて、限定車「エクスクルーシブ」が発売されました。ナッパレザーのツートーンカラー・シート、18インチ・ホイールといった専用装備を、写真15枚でご紹介しましょう。

シーユー・ザ・ビートル第3弾

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、2019年に「ザ・ビートル」の販売を日本で終了する。これに伴い、ファンへ謝意を表す「シーユー・ザ・ビートル」キャンペーンを実施している。

その第3弾として、専用ナッパレザーシートやインチアップしたアルミホイールなど内外装の質感を向上させた限定車「ザ・ビートル・エクスクルーシブ」を発売した。

ザ・ビートル・デザインをベースとする限定車「エクスクルーシブ」には、多くの専用アイテムを装備。ダイヤモンドステッチを施したベージュ&ブラックのツートーンカラースポーツシートは上質なナッパレザー仕上げ。また、通常はボディカラーと同色のダッシュパッド、ステアリングホイール、ドアトリムは、今回ブラックに統一し、シートカラーを引き立てた。


エクステリアは、インチアップした18インチ・アルミホイールや、ダークティンテッドガラス、LEDテールランプがスタイリッシュ。さらに、フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステム「716SDCW」を標準装備するほか、シートヒーター(運転席/助手席)、2ゾーン・フルオート・エアコンディショナー(運転席/助手席独立調整、自動内気循環機能付き)やアレルゲン除去機能付きフレッシュエアフィルター(花粉/ダスト除去外気導入フィルター)などの装備も標準化し快適性を向上。さらにパーク・ディスタンスコントロール(フロント/リア)とリアビューカメラを装備し、安全性も強化している。

ボディカラーはディープブラックパールエフェクト、ピュアホワイトの2色展開で、限定販売台数は500台。価格は333万円だ。次のページでは、専用装備を一覧で紹介しよう。
 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新国内ニュース

人気記事