新型アウディRS6 600ps超に M5やE63に対抗

公開 : 2018.07.25 19:10

アウディは次期型RS6に600ps超の4.0ℓV8ツインターボエンジンを搭載して開発中です。BMW M5やAMG E63などに対抗するためのパワーアップと見られています。2.9ℓになった次期型S6に続き、来年のフランクフルトショーでの発表が予定されています。

2019年フランクフルトで発表 S6の後に

アウディはBMW M5やメルセデス-AMG E63に対抗するため、パワーアップしたV8ツインターボを搭載する次期型RS6を開発中だ。2019年のフランクフルトモーターショーで発表され、RS7とともにネッカーズルム工場で生産される。

ポルシェ・パナメーラ・ターボやランボルギーニ・ウルスと同じ4.0ℓV8ツインターボが搭載され、614ps程度を発揮する。これは限定車のRS6アバント・パフォーマンスと同じ数値であり、通常の現行RS6よりも44ps上乗せされている。最大トルクは81.6kg-mに達するようだ。

比較のため、M5は608ps、76.5kg-mであり、E63 Sは612ps、86.7kg-mだ。

RS6のパワーはトルクコンバーター式の8速ATを介して伝統のクワトロシステムによって四輪に伝えられる。第2世代MLBストラクチャーの使用により、車重は80kg近く落とされる。結果的に、0-100km/hの加速は3.6秒となり、RS6パフォーマンスよりも0.1秒早い。空力性能の改善により、最高速度は311km/hに達する。

RS6の発売は2019年に5世代目S6が発売された後となる。次期型S6は今までの4.0ℓV8をやめ、より軽量でハイパワーな2.9ℓV6ツインターボに置き換えられる。450ps以上を発揮し、8速ATを介して四輪を駆動する。