ベッテルがインフィニティのパフォーマンス・ディレクターに

公開 : 2013.03.28 17:42  更新 : 2017.06.01 01:50

インフィニティ・レッッドブルのドライバー、セバスチャン・ベッテルが、新たにインフィニティのパフォーマンス・ディレクターに就任したと発表した。この発表は、F-1チャンピオンとインフィニティの関係をより深くするものだ。

「インフィニティQ50の初期の開発においてベッテルの役目は重要だった。」とインフィニティはコメントしている。特に、シャシー・ダイナミックとパフォーマンス、ハンドリングのフォードバックがあったという。実際、ベッテルとレッドブルのテスト・ドライバー、セバスチャン・ブエミは、Q50の開発をF-1のプレシーズンにニュルブルクリンクで行なっていたのだ。

ベッテルは今後もインフィニティの開発に関与する。

インフィニティのボス、ヨハン・デ・ナイシェンは「セバスチャンの才能と能力は疑いのないものだ。インフィニティの車両の開発に果す彼の役割は非常に大きい。」と。

また、ベッテルも以下のようにコメントしている。

「パフォーマンス・ディレクターとしてインフィニティとの関係が広がることに満足している。Q50の開発はF-1とは異なる類の仕事ではあったが、F-1を開発するのと同じやり方で接してきた。今後もインフィニティのロードカーの開発に積極的にかかわっていきたい。」

関連テーマ