フィアット500を個人向けカーリースで FCAジャパン、10/1〜販売

公開 : 2018.09.27 11:51

フィアット500のニュースです。FCAジャパンが、初となる個人向けカーリースをフィアット500に用意。10/1〜販売開始します。近年増えているカーリースによるクルマ所有。どんなメリットがあるのでしょうか?

個人向けカーリースで「500」オーナー

FCAジャパンと、住友三井オートサービスは、FCAジャパン初となる個人向けカーリース商品「パケットFIAT(フィアット)」を共同開発し、10月1日に販売開始すると発表した。

近年クルマへのニーズが多様化するのに伴い、現金購入やローン以外でオーナーとなる方が増えている。2018年3月末時点のリース車保有台数に占める個人向けカーリースの占有率は7.1%と、2017年3月末と比べておよそ24%増加した。

「パケット・フィアット」は、FCAジャパンと住友三井オートサービスが共同開発したリース期間5年の個人向けカーリース商品。対象車種は、フィアットブランドで主力小型車のフィアット500(チンクエチェント)だ。

対象車:フィアット500
販売店:全国のフィアット正規ディーラー
リース会:住友三井オートサービス

近年の個人リース需要の高まりを背景に、幅広いユーザー、とくに初めてのカーライフを迎えるドライバーに、チンクエチェントを気軽に、そして安心して長く乗ってもらいたいという両社の想いから開発。この商品には、フィアット・オリジナルのメンテナンス・プログラムや延長保証が含まれている。

では、個人向けカーリースのメリットとはなんだろう?
 

関連テーマ

人気テーマ