F-1 第2戦 マレーシア・グランプリ

公開 : 2012.03.26 01:00  更新 : 2017.06.01 00:55

フェラーリのフェルナンド・アロンソは、彼のキャリアの中でも最も甘美な勝利をマレーシア・グランプリで挙げた。2度のワールド・チャンピオンの28回目となる勝利は、ウェット・コンディションの中、フェラーリに対するプレッシャーを押しのけるカタチで成し遂げられた。シーズン前のテストと、初戦オーストラリア・グランプリでの結果を受けて、マラネロをベースとするチームは、祖国で酷評を浴びたからだ。

ウェット・コンディションがフェラーリを助けたということは疑いの余地もない。アロンソは9位というポジションで予選を通過したが、雨のためレースが中断された9周目には5位までポジションをアップしていた。

しかし、レースが再開された時点で、レイン・タイヤからインターミディエイトのタイヤに交換するためにピット・ストップを余儀なくされた。この時点でトップはルイス・ハミルトン、2位にはジェイソン・バトンとマクラーレンの英国デュオに注目は集まった。

ハミルトンはその後、遅いタイヤ交換でポジションを落とし、バトンはHRTのナーレン・カーティケヤンとの接触でフロント・ウイングのダメージを負う。

生き残ったアロンソは、このレースのスターとなったセルジオ・ペレスの前に立った。この若いメキシコ人ドライバーは、フル・ウェット・タイヤへの速い交換が功を奏し、3位にまで上がってきていた。

インターミディエイトのタイヤを履いたペレスは、乾いてきた路面で、アロンソのリードを少しずつ侵食していく。アロンソはファイナル・スティントでスリック・タイヤを選択するが、ペレスはフェラーリを執拗に追い続けた。

1ラップ後に、ペレスはコースアウトして、数秒を失うこととなり、アロンソはそのままチェッカードフラッグを受ける。しかし、小さなザウバーにとって2位のポジションは注目に値する結果だった。

ハミルトンは2戦連続で3位。しかし、チームメイトのバトンはレース中盤のクラッシュから立ち直ることはできなかった。

レッドブルのマーク・ウェーバーは4位でフィニッシュ。チームメイトのセバスチャン・ベッテルはレース終盤で2つのトラブルに巻き込まれた。カーティケヤンとの接触の後、スロー・パンクチャーにも見まわれ、結局ポイント圏外に落ちてしまった。

キミ・ライコネン、ブルーノ・セナ、ポール・ディ・レスタが5位、6位、7位に入り、ジャン・エリック・ベルニューは8位に入り初めてのF-1でのポイントを手にした。

ニコ・ヒュルケンベルグはフォース・インディアで9位。ミハエル・シューマッハは予選3位だったが、オープニング・ラップでロマン・グロージャンとの接触により後退したが、最終的に10番手でチェッカードフラッグを受けた。

1 フェルナンド・アロンソ フェラーリ
2 セルジオ・ペレス サウバー
3 ルイス・ハミルトン マクラーレン
4 マーク・ウェーバー レッドブル
5 キミ・ライコネン ロータス
6 ブルーノ・セナ ウイリアムズ
7 ポール・ディ・レスタ フォース・インティア
8 ジャン・エリック・ベルニュー トロ・ロッソ
9 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア
10 ミハエル・シューマッハ メルセデスAMG

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×