メルセデス・ベンツの2019年「PHEVの年」 「EQパワー」大幅拡大 Aクラスも

公開 : 2019.02.18 12:12  更新 : 2019.02.18 12:12

メルセデス・ベンツによれば、2019年は「プラグイン・ハイブリッドの年」になるそう。PHEVの「EQパワー」、48Vマイルド・ハイブリッドの「EQブースト」、そして完全な電気自動車の「EQシリーズ」という3つの柱で進行するのでしょう。

もくじ

2019年は「PHEVの年」
メルセデスが考えるPHEVの役割
メルセデス・ベンツ専門家の考え

2019年は「PHEVの年」

メルセデス・ベンツによれば、2019年は「プラグイン・ハイブリッドの年」になるそうだ。

同社は「EQパワー」というブランド名で販売する電動化モデルの大幅なラインナップ拡大を計画している。これは約1兆3000万円もの予算を投じた電動化戦略の一環だ。

既にCクラスEクラスSクラスのプラグイン・バージョンを発売している。そのハイブリッド・システムには、122psを発生する電気モーターが組み込まれており、約50kmの距離を電気のみで走行可能。ガソリン・エンジンのみならず、CクラスとEクラスではディーゼル・エンジンとも組み合わされている。

メルセデスは今年中にPHEVのラインナップを10モデルに、さらに2020年末までには20モデル以上に増やす計画だ。2020年に発表される次期型Sクラスは、数種類のプラグイン・ハイブリッドと共に、完全電気自動車バージョンも登場する。

GLCGLEには、2019年内にプラグイン・ハイブリッド・パワートレインが与えられることになっている。また、メルセデスによれば同社初のコンパクト・プラグイン・ハイブリッド・モデルも発表する予定だという。

AUTOCARで昨年報じたように、これはAクラスのPHEVだと思われる。

アウディA3 eトロンのライバルとなる同車には、コンパクトカー用に開発された1.3ℓ直列4気筒ガソリン・エンジンと91psを発生する電気モーターの組み合わせによるパワートレインが搭載される。このシステムはBクラスと、今後登場する小型SUVのGLBにも採用される見込みだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

EVの人気画像

×