ロータス・エヴォラSスポーツ・レーサー

公開 : 2013.05.09 20:00  更新 : 2017.05.29 19:24

■どんなクルマ?

ロータス・エヴォラSスポーツ・レーサー。何といういい響きだろう。スポーティでレーシーな感じがする。ルックスも良い。フェラーリ458風のスタイリング。

しかし、ちょっとまって欲しい。スペック・シートは、あなたが期待するほどものもではないかもしれない。実際、150以上の改良が施された2009年に発表されたエヴォラ・スポーツ・レーサーとその中身は大きく変わっていないのだ。

ただし、そのパッケージはア・ラ・カルトでオプションを足していくよりは遥かにリーズナブルな内容だ。合計で£11,000(168万円)のオプションとなるプレミアム・ペイント、ブラック・ホイール、テック・パック(ステレオ、MP3、クルーズ・コントロール、パーキング・センサーのセット)、スポーツ・パック(シャープなスロットル・レスポンスの切り替え、ディフューザー、クロス・ドリルド・ディスク・ブレーキのセット)、プレミアム・スポーツ・パック(インテリア・トリム・アップグレード)がセットになっているにもかかわらず、このスポーツ・レーサーの価格は£66,850(1,026万円)なのだ。ベース・モデルが£64,350(988万円)とうことを考えれば、130万円もお得なプライス・タグが掲げられていることになる。

ちなみに、スポーツ・レーサーには、ノーマル・アスピレーション・モデルと、スーパーチャージャーを備えたSモデルが用意される。

■どんな感じ?

確かに、インテリアのクオリティに関しては、今まで乗ったエヴォラの中でもベストとも言えるものだ。しかし、オフセットされたドライビング・ポジションや、高く幅広いシル、そしてドライバーとパッセンジャーが接近していることなど、その基本は変わりない。また、ギアを入れるとセンター・コンソールが細かく震える様は相変わらずだ。そう。これはロータスなのだ。しかし、スポーツ・レーサーは、ロータスに何が望まれているのかをしっかり分かっているので、細かいことは気にする必要はない。

かつてロード・テストでわれわれが「世界最高のハンドリングを持つクルマであり、新しいポルシェ・ケイマンですらその敵ではない」と評価したそのままだ。本物のダイナミックな輝きがこのクルマには存在する。

エヴォラはドライブするのが楽しいクルマであり、それを受け入れるためにはドライバー自身がピュアでなければならないだろう。

■「買い」か?

おそらく、最大の問題は、シュツットガルト製のスポーツカーのように、精度の高いインテリアの設えがされていないことだろう。

しかし、サーキットなり適切なシチュエーションでは、素晴らしい走りを見せてくれる。345bhpのスーパーチャージャー付きのV6ユニットは相応しいサウンドと共に力強さを発揮してくれるのだ。乗り心地、ステアリング、ハンドリングそのすべてがコンペティティブだ。もちろん、われわれが評価した「ベスト・ハンドリング・カー」の称号は揺るぐものではない。

(マット・プライヤー)

ロータス・エヴォラSスポーツ・レーサー

価格 £66,850(1,026万円)
最高速度 277km/h
0-100km/h加速 4.6秒
燃費 10.4km/ℓ
CO2排出量 229g/km
乾燥重量 1436kg
エンジン V型6気筒3456ccスーパーチャージャー
最高出力 345bhp/7000rpm
最大トルク 40.8kg-m/4500rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記