ランボルギーニ・オーナー集合 鈴鹿サーキットでパレード・ラン

2019.06.29

ランボルギーニが、鈴鹿サーキットのストレートを埋め尽くしました。スーパートロフェロの鈴鹿ラウンドに、オーナー達が招かれ、選ばれたヒトだけが体験できるプログラムを満喫。

text:Kazuhide Ueno(上野和秀)
photo:Lamborghini Japan(ランボルギーニ・ジャパン)

スーパートロフェオ鈴鹿ラウンドに招待

ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジア鈴鹿ラウンドが三重県・鈴鹿サーキットで開催された。当日は、日本のランボルギーニ・オーナー達が招かれ、特別な体験ができるプログラムが用意されていた。

SUVモデル「ウルス」を使ったサーキット・タクシーで鈴鹿サーキットを体験し、そののちセーフティカーの先導でパレードランが実施されサーキットを存分に楽む。

パドックでは既報の通り、ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオ・アジア・コレクター・エディションがお披露目され、オーナー達はアンベールに立ち会った。スーパートロフェオ・アジアの8周年を祝し、8台が生産される限定モデルだ。

そして招待客のもう1つの楽しみであるランチは、ピット上のラウンジに食事が用意され、選手と共にテーブルを囲むことができた。シェフが腕によりをかけて作った本格的な料理のほか、イタリアのメーカーだけにパスタやピッツァも用意されていた。

食事のあとはランボルギーニ・オフィシャルグッズが用意されたビンゴ大会が行われ、オーナーは至福の1日を満喫したことだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事