BMW M8カブリオレ日本発売 ファブリック・ルーフ、50km/h以下で開閉可能

公開 : 2019.07.24 17:02

BMWの新型オープン・モデル「M8カブリオレ」が、日本発売されました。ファブリックを採用したルーフは15秒で開閉が可能。価格は2338万円〜。

15秒でオープンエアに

BMWは、新型BMW M8のオープン仕様、「BMW M8カブリオレ」を発売した。

本格的なサーキット走行性能を追求しながら、公道走行も可能とする新型BMW M8。そのオープン・モデルは、高品質なファブリックを採用した多層式ソフト・トップが特徴で、閉めた時にはくっきりと段差のあるノッチド・クーペのスタイルとなる。ルーフを開けソフト・トップが収納された状態では、曲線がキャビンを囲い、ボディ・サイドのダイナミックに伸びるラインと内外装の美しい調和を強調。このソフト・トップは、50km/h以下であれば走行中でも15秒で開閉が可能で、開閉時ともに350ℓのラゲッジ・ルーム容量を備えている。

搭載されるV8ユニットは、M社が培った最先端の技術を採用し、スロットルペダルの微細な操作にも鋭く反応。ドライバーの意思に敏感に呼応する。2基のターボチャージャーへ排気ガスを供給するエグゾースト・マニフォールドは、クロスバンク型を採用することで、排気エネルギーを活用しながら素早いレスポンスを可能に。また、燃焼室に燃料供給するダイレクト・インジェクション・システムの最高噴射圧力を350barまで高めることで、極めて微細な霧状の燃料噴射を実現し、高効率な燃焼を可能としている。

・最高出力:625ps/6000rpm
・最大トルク73.5kg-m/1800-5860rp
・0-100km/h加速は、3.3秒
(いずれもヨーロッパ仕様のコンペティション)

また、M専用インテグレーテッド・ブレーキ・システムは、ブレーキ圧を電動アクチュエーターによって生成し、素早く正確に制御。ドライバーは任意に車両の減速度を調整することが可能となり、あらゆる状況でドライバーが思い描くペダル・フィーリングを実現できる。濡れている路面や、横方向の加速度が大きい、ブレーキ温度が高い、といった状況下でも、ブレーキ・ペダルの感覚を一定に保つことができるわけだ。
納車は12月以降に開始。消費税10%込みの価格は下記の通り。

・M8カブリオレ:2338万円
・M8カブリオレ・コンペティション:2541万円

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事