ふだん使いからレジャーまで キュートで頼れるジープ・レネゲードの「推し」ポイント紹介

公開 : 2024.07.05 11:00

若者のライフスタイルにもマッチするスモールSUV、ジープ・レネゲードで夏の海岸線をドライブします。

もくじ

ジープらしさを感じるコンパクトSUV
扱いやすくおサイフにも優しいパワートレイン
充実の装備と、コンパクトながら広い室内空間

ジープらしさを感じるコンパクトSUV

AUTOCAR JAPAN sponsored by Jeep Japan
text:Kouichi Kobuna
model:Aria Sakurai

ジープブランドは軍用車にルーツを持ち、堅牢な車体と圧倒的な走破性を併せ持つヘビーデューティーなモデルをラインナップしているというイメージが強いかもしれない。

それは確かに間違ってはいないが、実は日常使いにもピッタリなスモールSUVもラインナップしているのだ。そのモデルこそが今回ご紹介する「レネゲード」である。

全長は4,255mmとコンパクトなサイズに収まっているものの、フロントのセブンスロットグリルや台形のホイールアーチといったジープらしい意匠はそのままで、一目でジープブランドの車両であることが分かるスタイル。

その一方でどことなく愛嬌のある雰囲気も纏っており、ところどころにアメリカ軍がガソリンの運搬に用いた携行缶にプレスされた「X」のモチーフを散りばめるなど、遊び心も備えたデザインとなっている点も人気の理由のひとつとなっている。

このようにもともとデザインには定評のあったレネゲードだが、マイナーチェンジのタイミングでヘッドライトが半円形のLEDデイタイムライトを備えたアイコニックなものへアップデートされた。

それに加え、テールライトやフロントグリル、バンパー形状などもより立体的な造形にリファインされるなど、たゆまぬ改良がなされている点も特筆すべきポイントだ。

そんなレネゲードはシティユースにマッチした2WDのガソリンモデルと、エンジンとモーターを組み合わせて四輪を駆動させるプラグインハイブリッドモデルの「4xe(フォー・バイ・イー)」が用意されているが、今回はガソリンモデルをピックアップしてご紹介しよう(※注:撮影車は4xeモデル)。

ジープ・レネゲード 公式サイトをみる

記事に関わった人々

  • 編集

    小河昭太

    Shota Ogo

    2002年横浜生まれ。都内の文系大学に通う現役大学生。幼いころから筋金入りのクルマ好きで、初の愛車は自らレストアしたアウトビアンキA112アバルトとアルファロメオ2000GTV。廃部になった自動車部を復活させようと絶賛奮闘中。自動車ライターを志していたところAUTOCAR編集部との出会いがあり、現在に至る。instagram:@h_r_boy_
  • 撮影

    神村聖

    Satoshi Kamimura

    1967年生まれ。大阪写真専門学校卒業後、都内のスタジオや個人写真事務所のアシスタントを経て、1994年に独立してフリーランスに。以後、自動車専門誌を中心に活躍中。走るのが大好きで、愛車はトヨタMR2(SW20)/スバル・レヴォーグ2.0GT。趣味はスノーボードと全国のお城を巡る旅をしている。

関連テーマ

おすすめ記事


ジープ レネゲードの人気画像