実車 新型M・ベンツCLA MFA2モデルの戦略とは? クーペの内装/後席/装備の進化

2019.08.28

サマリー

メルセデス・ベンツの新型CLAクラス、4ドア・クーペ(日本仕様)の実車を撮影しました。白の車体がCLA 200d、グレーが250 4マティックです。MFA2世代の新型は、なにが進化したのでしょう?

もくじ

2代目CLAクラス 日本発表
MFA2モデル その戦略は?
MBUX、最新型ステアリング
後席スペース拡大

2代目CLAクラス 日本発表

photo: Kazuhide Ueno(上野和秀)

メルセデス・ベンツ日本は、2代目となる新型CLAクラスを報道向けに発表した。コンパクト・4ドア・クーペのCLAに加え、5ドア・ワゴンの新型CLAシューティングブレークも同日に日本公開されている。

車両の詳細は既報に譲り、ここでは、クーペ・モデルの「CLA 250 4マティック(写真灰/ガソリン車)」と「CLA 200d(写真白/ディーゼル車)」の実車写真を紹介したい。

「4ドア・クーペのディーゼル仕様、新型CLA 200d」
「4ドア・クーペのディーゼル仕様、新型CLA 200d」

新型CLAクラスは、メルセデス・ベンツの前輪駆動モデル向け車体構造、MFA2(モジュラー・フロントドライブ・アーキテクチャー)を採用している。Aクラス、Aクラス・セダン、Bクラスというこの1年間で新型に生まれ変わったモデルと同じアーキテクチャーを使用しているわけだ。

MFA2モデル その戦略は?

MFA2モデル群は、先代Bクラス(2012年日本発売)に始まり、先代Aクラス、先代CLA、GLAのベースとなった「MFA1」の戦略を引き継いだ車種となる。MFA1の戦略とは、今までメルセデス・ベンツと接点がなかったドライバーが興味を持てる新商品群の提供であった。

そのMFA1の成果について、同社の上野金太郎社長は「お客様の多様なニーズに対し、様々なバリエーションを用意し、多様な販売方法を用意することで様々なお客様のニーズにフィットするもの」であったと振り返る。

「4ドア・クーペのディーゼル仕様、新型CLA 200d」
「4ドア・クーペのディーゼル仕様、新型CLA 200d」

そして新しいMFA2については、「MFA1からの戦略を引き継ぐだけでなく、さらなるポテンシャルを発揮しているこのセグメントに、安全性、利便性、走行性能において新しい価値を提供する商品群」であると説明した。

新たな価値は、新型CLAの車内に入るとすぐに確認することができる。

MBUX、最新型ステアリング

MFA2モデル群の新しい価値としては、具体的には自然対話式の音声認識機能付きインフォテインメント・システム、MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を標準装備していることが挙げられる。

「ちょっと暑いな」「明日は傘が必要?」という乗員が発した自然な言葉を受けて、クルマがエアコンの温度を調整したり、明日の天気を伝えるなどして利便性を向上させる機能だ。

「4ドア・クーペのガソリン仕様、新型CLA 250 4マティックの内装」
「4ドア・クーペのガソリン仕様、新型CLA 250 4マティックの内装」

また、ステアリングホイールに、左右の親指でインフォテインメント機能のすべてを操れる新世代マルチファンクション機能を搭載しているのもこの世代の特徴。

 

人気記事