【ポロ/アップの中間サイズ】VW、小型EVのコンセプトスケッチを公開 欧州発売は2022年

公開 : 2019.12.25 11:50

VWが、IDエントリーと呼ばれるeアップとポロとの中間サイズのEVハッチバックのイラストを公開。2020年にコンセプトを公開予定で、欧州では2022年に発売予定です。価格は約290万円で、航続距離は210~240kmとのことです。

もくじ

IDシリーズのエントリーモデル
室内空間はゴルフ8に匹敵

IDシリーズのエントリーモデル

text:Greg Kable(グレッグ・ケイブル

フォルクスワーゲンがリリースしたクリスマスカードには同社のIDシリーズの新しいエントリーモデルのイラストが描かれている。

コードネームIDエントリーとして知られているEVコンパクトハッチバックは、ID3を下回る価格でヨーロッパで2022年に発売されるのに先立って、2020年後半にコンセプトモデルとして公開される予定である。

フォルクスワーゲンがリリースしたクリスマスカードには同社のIDシリーズの新しいエントリーモデルのイラストが描かれている。
フォルクスワーゲンがリリースしたクリスマスカードには同社のIDシリーズの新しいエントリーモデルのイラストが描かれている。

シンプルなワンボックスのシルエットに横幅いっぱいのテールライトを配したIDエントリーは、フォルクスワーゲンの新しいMEBエントリー・プラットフォームを初採用する。

このプラットフォームは、より大きく高価なIDシリーズに採用されているMEBプラットフォームのコストダウン版と言われており、シュコダ、セアト、新しいジェッタを含むVWグループブランドの同じ価格帯のEVに採用される予定である。

新しいプラットフォームに関する情報は少ないが、フォルクスワーゲンのラルフ・ブランドシュテッター最高執行責任者は、IDエントリーに搭載されるバッテリーは210~240kmの航続距離を持つと予想している。

「短距離移動のために使う小さな車であり、平均通勤距離は25km以下なので、長い航続距離は必要ありません。セカンドカーかサードカーになると思います」と彼は言う。

室内空間はゴルフ8に匹敵

IDエントリーは、最近フェイスリフトされたeアップとポロの中間のサイズと考えられており、長さは約3800mmである。

このプラットフォームのパッケージング上の利点は、最近導入されたゴルフ8に匹敵する室内空間を持っていることだと言われている。

フォルクスワーゲン・ゴルフ8
フォルクスワーゲン・ゴルフ8

昨年のIDバギー・コンセプトに続き、今年はIDエントリーのイラストがフォルクスワーゲンのクリスマスカードに描かれることになった。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事