【新型肺炎で発表延期】新しいメルセデスAMG E63 フェイスリフト プロトタイプを発見

2020.03.24

サマリー

メルセデスAMGのE63のプロトタイプが、発見されました。Eクラスのフェイスリフトと同様の変更が加えられるものの、新しいディフューザースタイルのバンパーが採用されるなど、AMGモデルらしさも、垣間見ることが出来ます。

もくじ

メルセデスAMG E63フェイスリフト
発表時期は未定

メルセデスAMG E63フェイスリフト

text:Lawrence Allan(ローレンス・アラン)

軽いカモフラージュが施された、メルセデスAMGの新しいE63のプロトタイプが、路上で発見された。

近日発表予定であった、このモデルには、最近明らかにされたEクラスのフェイスリフトと同様の変更が反映されている。

メルセデスAMG E63プロトタイプ
メルセデスAMG E63プロトタイプ

このプロトタイプの画像から、アップグレードされたヘッドライトデザインと、更新されたグリルとバンパーを確認することが出来る。

リアの変更点は少ないが、メルセデスAMGのバージョンでは、よりはっきりとした四角いクワッドエグゾーストデザインと、新しいディフューザースタイルのバンパーが採用されているようだ。

発表時期は未定

今回、インテリアは撮影されていないが、標準モデルと同様の変更が加えれらると想定されている。

最新のMBUXユーザーインターフェイスを使用し、タッチパッドコントローラーを備え、再設計されたインフォテインメントシステムが採用される。

メルセデスAMG E63プロトタイプ
メルセデスAMG E63プロトタイプ

新しいステアリングホイールのデザインと、修正されたトリムのディーテールも、特徴的となっている。

マイルドハイブリッドシステムを投入し、効率をわずかに向上させる可能性はあるが、トップスペックのSフォームで612psと86.6kg-mを出力する、E63のツインターボチャージャーV8エンジンへのメカニカルな部分への変更は、あまり期待できないだろう。

シャシーへ変更が加えられる可能もあるが、標準モデルのサスペンションは大きく変更されることは無いだろう。

新しいE63の発表時期については、まだ明らかにされていない。

新型コロナウイルスの感染拡大により、ニューヨークモーターショーが延期され、ローンチイベントが開催できなくなったため、発表までに数か月かかる可能性があるだろう。

 

人気記事