日産X-トレイルのティザー写真公開

公開 : 2013.09.03 14:58  更新 : 2017.06.01 02:15

フルモデルチェンジされる日産X-トレイルのティザー写真が、公式デビューを果たすフランクフルト・モーターショーを前に公開された。

この新しいX-トレイルは、次世代のキャシュカイが5シーター・バージョンとなることからも、唯一日産の7シーターSUVとなる重要なモデルだ。2012年のジュネーブ・モーターショーでハイクロス・コンセプトとしてプレビューされたX-トレイルは、旧モデルよりもロード向けの乗り心地とハンドリングを持つとされている。しかし、そのスタイルとダイナミックな性能の改良は、決してオフロード能力の代価ではないと、情報筋はコメントしている。4WDのX-トレイルに関しては、現行モデルと同等以上のオフロード走破性を持つとしているのだ。

一方、FWDモデルは、現行モデルに比べて経済性を向上させているという。

中心となるエンジンは、2.0ℓディーゼルで、現行エンジンをベースとするが大幅な改良が施されている。

インテリアはハイクロス・コンセプトでプレビューされてように、現在のX-トレイルよりもクオリティが大幅にアップしているという。また、装備もより充実したものとなっている。

新しいX-トレイルのライバルはフォード・モンデオやヴォグゾール・インシグニアといったサルーンのユーザーも取り込んでしまおうという狙いがあるようだ。

「キャシュカイの人気をベースに、Dセグメントも成功を収めようと狙っている。」と、情報筋はAUTOCARに語った。

フォードS-マックスはX-トレイルの大きな目標のひとつだという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事