ランドローバー・ディスカバリー、フェイスリフト

公開 : 2013.09.03 15:33  更新 : 2017.06.01 02:15

ランドローバーはディスカバリーにフェイスリフトを施した。この7シーターのSUVは、エクステリアの微妙な修正と、ディーゼル・エンジンの変更などが施されている。

252bhpの3.0ℓSDV6エンジンはパワーこそ変わりないが、アイドリング・ストップ・システムを採用し、CO2排出量は、230g/kmから213g/kmに減少。燃費も11.4km/ℓから12.5km/ℓにまで向上している。

また旧い5.0ℓのV8ガソリン・エンジンも335bhpの3.0ℓV6スーパーチャージャーに変更されている。

エクステリアでは、LEDデイタイム・ランニング・ライト、新しいフロント・グリル、新しいバンパーなどによるリデザインされたフロント・エンドを持ち、アルミホイールも変更されている。

その他、大きな変更点としては、いままでランドローバーのボンネット・バッジがディスカバリーに変更されたことだ。これは、レンジローバー同様に、ディスカバリーをブランド名としてプッシュしていこうというランドローバーの姿勢の現れだ。

フランクフルト・モーターショーで正式にデビューし、11月より英国ではデリバリーが開始される。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事