フランクフルト・モーターショー:フォルクスワーゲン・ゴルフ・スポーツバン

公開 : 2013.09.10 18:45  更新 : 2017.06.01 02:15

フォルクスワーゲン・ゴルフ・スポーツバン・コンセプトがフランクフルト・モーターショーで発表された。これは次世代のゴルフ・プラスとなるモデルだ。

生産は2014年の中頃から開始される予定で、ネーミングはゴルフ・プラスかゴルフ・スポーツバンのいずれかになると思われる。

スポーツバンは、現行のゴルフ・プラスよりも134mm長く、ベースとなった5ドア・ゴルフよりも83mm長い。ホイールベースは48mm長く、キャビンは126mm高く80mm幅広い。

ブートスペースは従来のゴルフ・プラスよりも74ℓ大きい498ℓ。リア・シートは60:40の分割可倒式で、前方に180mmスライドして87ℓのブートスペースを更にプラスさせることも可能だ。更に、フロントの助手席を倒せば、最高2484mmの長尺物を積み込むことができる。

エンジンは、84bhp、109bhp、123bhp、148bhpの1.4ℓガソリンと、148bhpの2.0ℓ、89bhpの1.6ℓ、そして109bhpの1.6ℓブルーモーション・ディーゼルが用意される。ブルーモーションは、95g/kmのCO2排出量と27.0km/ℓの燃費を持つ。

関連テーマ