【拡張現実アプリ】新型ランドローバー・ディフェンダーを自宅で体感 車庫でサイズ確認も

公開 : 2020.04.28 10:53

新型ディフェンダーの本格受注が、日本で始まりました。ショールームに行けなくても、自宅で新型を体感できる拡張現実アプリが登場。「ディフェンダーAR」なら、自宅の車庫に入庫した姿も確認できます。

ディフェンダーAR 提供開始

ランドローバーのオフローダー、ディフェンダーの新型が、日本における本格的な受注受付けを開始した。

これに合わせてジャガー・ランドローバー日本法人は、タブレットやスマートフォンを使ってディフェンダーの内外装、アクセサリーパックの仕様を試せるAR(拡張実現)アプリの提供を始めている。

ディフェンダーARでは拡張現実のコンテンツを楽しむことができる。
ディフェンダーARでは拡張現実のコンテンツを楽しむことができる。

今回発表されたのは「ディフェンダーAR」というアプリケーションで、App Store、またはGoogle Playから誰でも入手することができる。

本アプリは、専用端末を必要とせず、無料で利用できるのが特徴。ユーザーが自宅にいながらARで新型のコンフィギュレーションを楽しめるわけだ。

360°ビューも搭載

砂地、草地、雪道などの道なき道をかき分けて進む冒険や、自分のライフスタイルにフィットした新型ディフェンダーをシミュレーションして時間を過ごすことができる。

エクステリアやインテリアのデザインを選ぶと、メインメニューから内外装の様子を360°にわたって確認でき、各装備の機能についてムービーで確認することも可能。

駐車スペースに入庫し、バックドアを開いたときの様子も確認できる。
駐車スペースに入庫し、バックドアを開いたときの様子も確認できる。

装備を選んだ車両の画像は、SNS、メールでシェアできるほか、ロックされたコンテンツも、解除ボタンをタップしてQRコードを読み取れば楽しむことができる。

自宅の車庫に置いた際のサイズ/イメージだって確認できるというから、ディフェンダーのファンにとって嬉しいアプリの登場となるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ランドローバーの人気画像

×