【タブレット、愛車に合体?】カロッツェリアの新発想 8インチ・タブレット・システム パイオニア

2020.05.13

サマリー

タブレットを、愛車のインパネにガチャッと装着。パイオニアから、こんな発想のアイテムが登場しました。タブレットは外に持ち歩け、メインユニットとの取り外しは簡単。8インチの大画面ナビとしても使えます。

もくじ

「SDA-700TAB」「FH-7600SC」でセット
バックカメラの映像 大画面に

「SDA-700TAB」「FH-7600SC」でセット

愛車のオンライン化を進めるパイオニアが送り出す2020年夏の新製品。2つ目は、普段持ち歩くタブレットを、愛車のメインユニットにしてしまうような発想のアイテム。

8インチ・タブレットの「SDA-700TAB」と、クレイドル兼メインユニットの「FH-7600SC」というセットだ。

8インチ・タブレット「SDA-700TAB」は持ち歩くことができ、車内に戻ったときはメインユニット「FH-7600SC」に装着するという発想。
8インチ・タブレット「SDA-700TAB」は持ち歩くことができ、車内に戻ったときはメインユニット「FH-7600SC」に装着するという発想。

設置方法は、タブレットの背面を、クレイドルにカチャンと装着するだけ。画面を挟むためのアームもなければ、ケーブルの挿し外しも不要。

クルマを乗り降りするときに、素早く簡単に取り外しができる仕組みとなっている。

また、高さ/奥行きは好みの位置に調節できるから見た目もスマート。それに装着中は常に充電されるので、外出先でもバッテリーの心配をしなくていい。

具体的な使い方としては、気になるスポットを見つけた時など、タブレットのカーナビ・アプリでその場所を検索してみよう。そのまま愛車にタブレットを装着すれば、大画面ナビとして道案内してくれる。

オンラインで使うアプリ/Webブラウザのストリーミング再生を利用するには、スマホなどでWi-Fi接続、テザリングによりネット接続をして使う流れとなる。

バックカメラの映像 大画面に

もちろん、音楽アプリ・動画アプリで好きなコンテンツを再生することも可能だ。嬉しいのは、再生する音声をクルマの車載スピーカーから出力できること。

それに、オーディオの操作・設定はタブレット上で行うことができるし、HD画質の動画やダウンサンプリングしたハイレゾ音源にも対応している。

メインユニットの「FH-7600SC」。素早く簡単にタブレットを取り外しができる。
メインユニットの「FH-7600SC」。素早く簡単にタブレットを取り外しができる。

実はこのタブレット、バックカメラの映像を表示することが可能。そのうえ、ステアリング・リモコンで操作することもできる。ドライブの様々なシーンで存在感を発揮してくれるはずだ。

パイオニア・カロッツェリアの新製品「タブレットAVシステム」セットはオープン価格で、7月発売予定となっている。

タブレットAVシステム

SDA-700TAB(8インチ・タブレット)
FH-7600SC(Bluetooth/USB/チューナー・DSPメインユニット)

 

人気記事