ダイムラーとルノー-日産、新しいプラットフォームを開発か

公開 : 2013.09.12 16:36  更新 : 2017.06.01 02:15

ダイムラーとルノー-日産は、共同で新しいFWDプラットフォームの開発を行うかどうかの事前調査に入った。

フランクフルト・モーターショーの会場で、日産のテクニカル・チーフ、アンディ・パーマーは、「メルセデスは、現行のMFAの後継となるプラットフォームが必要だし、われわれは将来的にルノー、日産、インフィニティに使用できるプラットフォームが必要になる。」とコメントしている。

今年初めには、JC1(ジョイント・コンパクト・ファースト・ジェネレーション)ストラクチャーと呼ばれるプラットフォームの開発もスタートしている。これは、少なくとも2つのホイールベース、様々なトレッド、そしてFWDと4WDに対応できるものとなる。

「現時点では、その新しいプラットフォームを共同で開発できるかどうかを見極める、というポジションにある。」とパーマーは語った。

関連テーマ