豊田英二、他界

公開 : 2013.09.18 16:21  更新 : 2017.06.01 02:15

トヨタの第5代社長であり、初代の会長であり、最高顧問であった豊田英二が亡くなった。享年100歳。

トヨタの創立者、豊田佐吉の甥であり、1967年から1982年まで、トヨタの社長を勤めた。そして、トヨタが世界最大の自動車メーカーになるまでに導いた人物だ。

特に1966年のトヨタ・カローラの開発と、1983年のトヨタがラグジュアリー・マーケットに進出するという決断は大きなものだった。後者は1989年のレクサス・ブランドとして見を結ぶ。

また、トヨタ方式と呼ばれる生産手法は、世界中の自動車メーカーが模倣したものであった。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事