【新CEO】独フォルクスワーゲン ブランドCEOにラルフ・ブランドシュテッター 7/1~

2020.06.10

サマリー

独フォルクスワーゲンが、新CEO就任を発表。現在COOを務める「ラルフ・ブランドシュテッター」さんが任命されました。現職のヘルベルト・ディースCEOは、兼任していたVWグループCEOに専念します。

ディースはグループCEOに専念

新型コロナウイルスの感染拡大で大きな影響を受けたヨーロッパの自動車業界。そのなかで、独フォルクスワーゲン・グループが経営体制の見直しを進めている。

7月1日には、中核であるフォルクスワーゲン乗用車ブランドの最高経営責任者(CEO)に、現在COO(最高執行責任者)のラルフ・ブランドシュテッターが就任すると発表された。

VWブランドのCEOに就任するラルフ・ブランドシュテッター。
VWブランドのCEOに就任するラルフ・ブランドシュテッター。

これまで同グループCEO、およびフォルクスワーゲン乗用車ブランドCEOを兼任してきたDr.ヘルベルト・ディースは、グループCEOとしての職務に専念することになる。

グループ取締役会において、ディースは引き続き、フォルクスワーゲン乗用ブランドおよびグループ内のボリュームブランドをまとめている「ボリュームブランドグループ」の責任者としての役割を果たしていくという。

この人事の狙いは、自動車業界が直面している変革期において、重要課題に一層特化したマネージメントに集中するための判断とされている。

ラルフ・ブランドシュテッターは、1968年生まれ。フォルクスワーゲンの工場で機械工としての職業訓練を受けた後、大学で経営工学を学ぶ。

その後、1993年にフォルクスワーゲン・グループに入社し、2003年に新車種プロジェクトのプロジェクトマネージャーに就任。

2005年。セアトの調達責任者としてスペインに異動してから、2008年にセアトの調達担当取締役に任命された。2012年より「新製品立ち上げ」の責任者を務め、2015年10月にフォルクスワーゲンAG総代表に任命。

2018年8月からフォルクスワーゲン乗用車ブランドの最高執行責任者(COO)を務めている。

 

人気記事