キアGTは2016年デビューか

公開 : 2013.10.24 11:22  更新 : 2021.03.05 21:37

キアは2011年にフランクフルト・モーターショーで発表したGTコンセプトのプロダクション・モデルにゴーサインを出す寸前のところまできている。社内では2016年末あるいは2017年までに生産をしたいとの考えがあるようだ。

キアの海外マーケティング担当副社長であるスン・ナム・リーは、特にヨーロッパ市場において、スポーツ・タイプのプロダクション・モデルに必要性を感じている。リーはキア・モータースUKの社長兼CEO、ポール・フィルポットと、シンガポールで会議を持ったが、フィルポットもGTコンセプトに大きな関心を示したという。

GTコンセプトは、390bhp、55.5kg-mを発生する3.3ℓのV6ターボ・ユニットを搭載する。ほぼ同じエンジンは、K9 / クオリスの新しいラグジュアリー・サルーンに搭載される予定のもので、新しい8速オートマティック・トランスミッションと組み合わせられる。

「現在、われわれはプロシードGTの顧客からのフィードバックを集積しているところだ。」とリーは語った。「それに基いて、どのようなモデルになるかを決める予定だが、まだ何も決定はされていない。」

また、リーはBMWのMディビジョンやアウディのクワトロGmbHのような別部門を作るのではということは否定している。そのような手法はBMWやアウディには最適かもしれないが、キアのスポーツ・ブランドが高品質であることが証明されるまで、そういった部門の設立は尚早であるとしている。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事