フィアット500L発表

公開 : 2012.02.02 01:15  更新 : 2017.06.01 00:54

フィアット500Lの公式発表写真だ。500LのLは「ラージ」を意味するもので、3月のジュネーブショーで正式に発表される。

長さ4140mm、幅1780mm、高さ1660mmで、フィアット500よりも594mm長く、153mm広く、172mm高い。

フィアットによると500Lは、MPV並みの乗客スペースと、小型SUV並みの荷室スペースを確保しているという。

発表当初から2種類のガソリンエンジンと1種類のディーゼルエンジンが予定されている。2気筒のツインエアと、1.4リッター・ユニット、そして1.3リッターのマルチジェットIIオイルバーナーだ。

1956年から1965年に生産されたフィアット600ムルティプラのように、500Lも「キャブフォワード」デザインを採用している。つまり、フロントアクスル上にドライバースペースを持ってくるというものだ。こうすれば、内部のスペースは最大限に活用できる。

新しい500Lは、セルビアのクラグエヴァッツ工場で生産が行われる。

関連テーマ