【価格/サイズ/内装は?】新型キャデラック・エスカレード、日本発売 3列7人乗りSUV 東京オートサロン2021に展示へ

公開 : 2020.11.12 21:20

新型「キャデラック・エスカレード」の日本価格が発表されました。1490万円~となっています。アーキテクチャーを刷新し、車室も広がったアメリカン・ラグジュアリーSUV。サイズ、内装、装備などをご紹介します。

もくじ

はじめに 5代目エスカレードとは
新型エスカレード 外観
新型エスカレード 内装
新型エスカレード パワートレイン&シャシー
新型エスカレード 装備
新型エスカレード 価格/納車開始時期
新型エスカレード スペック

はじめに 5代目エスカレードとは

ゼネラルモーターズ日本法人は、フルサイズSUV「キャデラック・エスカレード」の新型を、11月13日から日本発売すると発表した。

エスカレードは、その登場以来、大型ラグジュアリーSUVのアイコンとして、世界のセレブリティが愛用してきた。

新型キャデラック・エスカレード・スポーツ
新型キャデラック・エスカレード・スポーツ

今回フル・モデルチェンジを受けた新型は5代目にあたり、アメリカ本国で今年2月に世界初公開されている。

新型は、車体構造を刷新。ホイールベース/全長を延長し、新しい独立懸架リア・サスペンションを採用したことで、キャビンと積載空間が大幅に広がったのがトピックだ。

そのボディサイズは、全長5382×全幅2060×全高1948mm(北米仕様値)という堂々たるもの。

GMジャパンでは、2021年1月15日(金)~1月17日(日)に千葉県・幕張メッセで開催予定の東京オートサロン2021で、新型を国内初公開すると発表している。

それでは、日本上陸が待たれる新型エスカレードの概要を紹介していこう。

新型エスカレード 外観

洗練されたデザインと先進テクノロジーにより、“キャデラックの最高傑作”と謳われている5代目エスカレード。

その外観は、スポーティでダイナミックなプロポーションに生まれ変わった。圧倒的な存在感を放つエスカレードの個性は引き継ぎながら、新鮮なスタイルが織り込まれている。

ラグジュアリー系となる新型キャデラック・エスカレード・プラチナム
ラグジュアリー系となる新型キャデラック・エスカレード・プラチナム

具体的には、スリムでスマートな新ヘッドライトにより、従来型エスカレードと差別化しつつ、垂直方向を強調したテールランプがキャデラックの伝統を継承。

先進の照明技術が大胆な存在感を演出している。

新型は、2つのグレードを展開する。

1つは、最高峰モデルにふさわしいラグジュアリー系グレード「プラチナム」。もう1つは、精悍な顔つきが特徴の「スポーツ」。

ホリゾンタルバーを配したガルバノグリルの「プラチナム」に対し、ブラックメッシュ・グリルやブラック・トリムが特徴となる「スポーツ」という2つの個性を用意し、ライフスタイルに合わせて選ぶことができる。

新型エスカレード 内装

新型エスカレードの内装は、自動車業界で初搭載される「湾曲型OLEDディスプレイ」が最大のニュースだ。

メータークラスターと左右のディスプレイを合わせると、対角線の長さが38インチ超となる大型ディスプレイ・エリアを装備。

湾曲型OLEDディスプレイを採用した新型エスカレードの前席内装
湾曲型OLEDディスプレイを採用した新型エスカレードの前席内装

鮮やかな色・画質を映し出すOLEDは、ディスプレイ部を覆うフードが必要なく、明るく乱反射のない環境を作り出す。

これにより、車載用ディスプレイのなかでは、現在最大の色域(ピクセル密度が4Kの2倍)を提供することになる。

室内空間は、ホイールベース(+121mm)、全長の延長(+187mm)、新しい独立懸架リアサスペンションの採用によって、車室のフロア高を低く、キャビンとラゲッジスペースを拡大することに成功。

従来型と比較して、3列目シートのレッグルームはおよそ40%拡大。居住空間が広がるだけでなく、2/3列目のシートにも簡単にアクセスできるようになった。

また、3列目乗員の着座姿勢も快適に過ごせるものになったという。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事