【トヨタ・セーフティ・センスを標準搭載】トヨタ・コースターを一部改良 幼児専用車の安全装備を強化

公開 : 2020.12.21 05:05

トヨタ・コースターの幼児専用車にトヨタ・セーフティ・センスが標準搭載され、安全装備が強化されます。発売は2021年1月6日からです。

衝突回避支援パッケージが幼児専用車にも

トヨタは、マイクロバスのコースターを一部改良し、全国のトヨタ車両販売店(一部、取扱いのない販売店あり)を通じて、2021年1月6日に発売する。

コースターは、25人程度の乗員が快適に乗ることができる小型バス需要の高まりを受け、1963年にライトバスとして誕生。1969年のモデルチェンジを機にコースターと改称し、長年乗り継がれているマイクロバス。世界110以上の国や地域で販売され、日本においても、飲食店やホテル、幼稚園の送迎など様々なシーンで活躍する。

トヨタ・コースター幼児専用車
トヨタ・コースター幼児専用車    トヨタ

現行モデルは、2017年のフルモデルチェンジにて、ボディの高剛性化などが図られたもの。今回の一部改良では、衝突回避支援パッケージのトヨタ・セーフティ・センスやコンライトを幼児専用車へも設定し、全車標準装備となった。

コースター幼児専用車の価格は、659万2000円から753万3000円(消費税込み)。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事