【中国富裕層がターゲットか】フォルクスワーゲン 大型電動SUV「ID.Roomzz」市販化 中国限定

公開 : 2020.12.23 18:05

フォルクスワーゲンは、コンセプトモデルの「ID.Roomzz」の市販化を進めていると発表しました。全長5m近い大型の電動SUVで、ミニバンタイプの「ID.Buzz」とプラットフォームを共有。中国限定モデルです。

ID.Buzzとプラットフォーム共有

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

フォルクスワーゲンのラルフ・ブランドシュテッターCEOは、電動SUVのコンセプトモデル、「ID.Roomzz」の市販化計画を進めていると発表した。

ID.Roomzzは、全長4930mm、全幅1903mm、全高1675mmの大型SUVで、ハイエンドの顧客に人気があると予想されている。

フォルクスワーゲンID.Roomzz
フォルクスワーゲンID.Roomzz

ブランドシュテッターは、「同社は市販化に向けた取り組みを進めていますが、現時点では中国限定モデルとなります。他の市場でも販売される可能性はありますが、今は検討中です」と語っている。

フォルクスワーゲンのEV専用プラットフォーム「MEB」は、市販モデルの「ID.Buzz」と同じバージョンが採用される。このバージョンは、デュアルモーター、4輪駆動のパワートレインと最大82kWhのバッテリーを搭載できるように設定されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事