【見惚れてしまうフォルム】日産「GT-R50 by イタルデザイン」テストカーをニッサン・クロッシングに展示 -3/31

公開 : 2021.01.12 18:25  更新 : 2021.01.13 09:42

日産は、ニッサン・クロッシングにて、イタルデザインと初めて共同開発した「GT-R50 by イタルデザイン」のテストカーを期間限定で展示します。

3/31までの期間限定展示

日産は、ニッサン・ブランドのグローバル発信拠点のニッサン・クロッシング(東京都中央区銀座5-8-1)にて、イタルデザインと初めて共同開発した「GT-R50 by イタルデザイン」のテストカーを期間限定で展示する。

「GT-R50 by イタルデザイン」は、GT-Rとイタルデザインがそれぞれ2019年、2018年に迎える生誕50周年を記念して共同開発したモデルで、50台の限定販売とすることを発表している。

日産GT-R50 by イタルデザイン・テストカー
日産GT-R50 by イタルデザイン・テストカー    日産

最新のGT-Rニスモをベースに生産され、搭載される最高出力720psの3.8LのV6 VR38DETTエンジンは、横浜工場で「匠」と呼ばれる限られた熟練工により1体ごとに組み立てられる。

それぞれのエンジンには、イタルデザイン限定の「50」のシリアルナンバーが付く。同モデルは、各市場における認可手続きを経たのち、2021年中旬以降、順次納車される予定。

今回展示するテストカーは、主にボディやリアウィング、カーボンパーツなどエクステリア各所の剛性・耐久テストのために、サーキット走行で使用した車両。

開催期間は2021年1月12日から2021年3月31日まで。営業時間は当面の間、10時から19時まで。

なお、「GT-R50 by イタルデザイン」の市販モデルは残りわずかとなっている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事