ポルシェ・ケイマン&ボクスターGTSが北京でデビュー

公開 : 2014.01.28 19:50  更新 : 2017.06.01 02:14

ポルシェ・ケイマンとボクスターのGTSモデルが、北京モーターショーでデビュー。4月から販売が行われる予定だ。

このGTSモデルの詳細はアメリカのディーラー・コンファレンスで昨年明らかにされたもので、Sモデルに対して15bhpアップ、つまりケイマンGTSは335 hp、ボクスターGTSは326bhpとなる。排気量は3.4ℓのままだ。

GTSは新しいデザインのフロントおよびリア・バンパー、スポーツ・エグゾースト、911カレラSから移植された20インチ・ホイールを履く。また、LEDデイタイム・ランニング・ライトも装備する。

トランスミッションはマニュアル・ギアボックスが標準、PDKがオプションとなる。また、アクティブ・サスペンション・マネジメント・システムも標準装備される。

価格は、Sモデルよりも£4,000(68万円)高で、ボクスターGTSが£50,000(850万円)、ケイマンGTSが52,700(900万円)前後となると予想される。

関連テーマ